スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーカップ制作過程

前回紹介したフリーカップの経過です。

これは荒研ぎという工程で、荒い番目の紙やすり(昔は砥石)を使って、凹凸の頭だけを研いであげます。

漆を高く盛り上げている分、中が十分に乾燥していないので、このまま更に乾燥させます。

DSC00880.jpg

DSC00881.jpg

また更新します☆




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

landprotect

Author:landprotect
☆LIFE IS BET☆
島守宏和
長岡造形大学彫金科卒業後、青森県弘前市にて津軽塗を学ぶ。現在は津軽塗×SILVERのブランド「LANDPROTECT」を立ち上げ地元青森県八戸市にて日々制作してます。


歴史ある伝統の可能性を求め、技術を継承し、
現代のライフスタイルに調和したものを生み出していくこと。
伝統工芸品の価値を、さらに高めていくこと。
そして、日本人の美意識を守りながら未来を作ること。

それが、LANDPROTECTのめざすモノ作りです。



下記リンク

LANDPROTECT ホームページ
LANDPROTECT facebookページ
LANDPROTECT オンラインショップページ

もご覧ください。

LANDPROTECT
お問い合わせは landprotect.shop@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。